アクセサリーをつける年齢は?

アクセサリーをつける年齢は?
高校生になったらネイル、ネックレス、指輪、ブレスレット、イヤーカフがしたい。
私は必ず出かけるときは、イヤリングか本物のターコイズがついた革紐ブレスあとは、真珠取り出し体験の真珠のネックレスを身に着けています!
最初は、勇気がとてもいりますが、だんだん付けているうちにお出かけの日常になります。
皆はアクセサリー何歳からつける?
ネックレスはともかくネイルがいつはじめていいのかわかんないんだよねー
若い頃は大きな宝石は似合わなくても、経験を積んで人生に深みが出ることで大ぶりなジュエリーも似合うようになり、つけこなせるようになってくる。
年齢を重ねるごとにジュエリーボックスに増やしていきたい、そんなジュエリーと年齢をご紹介。
 

For 20s/20代のジュエリー


ジュエリーライフの始まりは、まずはゴールドをゲット!


20代のうちにまず手に入れておきたいのは、ゴールドやシルバーなど地金をメインにしたモダンでベーシックなデザイン。華美な石がなくても、もともとつややかな20代の肌を引き立てるのに十分。この先、デザインコンシャスなジュエリーを増やしたときにコーディネートするにも最適。イエロー、ホワイト、ピンク、さまざまなゴールドを入手しよう。
 

For 30s/30代のジュエリー


できることが広がる30代は、色石の鮮やかさが味方


独立、起業、結婚や出産。少しずつ自分が中心になって物事を動かす場面も増えてくる30代は、人生がまるでカレイドスコープのように広がりを見せる時期。きらめく彩りが生まれるタイミングには、それをセレブレートするようなカラフルな色石を。少しずつ年齢を重ねていく時期の肌を美しく見せる、最高のエッセンスとなるはず。
 

For 40s/40代のジュエリー


自己確立した年代だからこそ、遊び心のあるジュエリーを


「自分がどこで何をしている誰なのか」という確固とした芯と周囲からの信頼が出来上がってきて、自信も湧いてくる40代。自分というブレない軸があるからこそ、脱コンサバな遊び心のあるジュエリーが似合ってくる。20代の頃だと偽物に見えてしまうくらいのキュートでファニーなモチーフも、堂々とつけこなせるのがこの年代の特権!
 

For 50s/50代のジュエリー


本物がわかる世代に似合う、プレシャスダイヤモンド


たくさんの経験を重ねて審美眼が極まってくる50代からのジュエリー選びは、質と量。クオリティの追求と、ボリューム感が最大の鍵になってくる。例えばダイヤモンドはカラット、クラリティ、カラー、カットの、いわゆる「4C」にこだわって。誰よりも上質なダイヤモンドをまとうことが、大人ならではの余裕を感じさせてくれるはず。
 

For 60s~/60代~のジュエリー


人生もおしゃれもとことん! 60代からの個性派ジュエリー


酸いも甘いも体験し、物質的にも精神的にも人生の豊かさを最も享受できるのが60歳以降。この年代こそが、ジュエリー使いも最大限に謳歌できるジェネレーションに間違いなし。人があっと驚くようなハイジュエリーを難なくつけこなせるのは、年輪を重ねただけの余裕がにじみ出るからこそ。誰もまねできないスタイリングにレッツトライ!
 
 

無料カスタムパッケージ& グリーティングカード

カートに入れなかったようですね

ご注文の際、包装やカードが含まれていない場合、デフォルトでランダムなオプションが選択されます。

パッケージ& グリーティングカードを見る レジへ進む